ずいぶん時間がたったけど、
グループ展の一週間は毎日が楽しく心が躍った
続きを読む >>



渡部さとる主宰 Workshop 2B グループ写真展 Vol.9 16【sixteen】

初めての暗室作業
初めての展示
カラー写真を7点ほど展示しています
続きを読む >>



風景写真家竹内敏信さんいわく、三脚を立てる場所は迷わない、一度立てたら動かさない。そこで撮ってくれと被写体が言ってるらしい。

段階露出も行わない。露出が外れたらその風景に負けたんだと。

風景(被写体)との真剣勝負。



色んなものが全然足りない
そのまま今年が終わる



PENTAXはサムスンと一緒になると思っていたけど、
医療分野でHOYAと一緒になったってことはカメラ事業の行末はいったい・・・。

------
本当に欲しいレンズがなかなか買えず(落とせず)、他のレンズばかりが増えてしまう負のスパイラル。。。



半年ぐらい前に委託に出していた2台のカメラことを思い出し、店に連絡してみると二台とも売れていたのでお金を取りに行き、そのお金で年末ジャンボを購入。



この前、久しぶりに平日に休みを取れたので、前から行きたかったダリ回顧展へ。
平日なのにえらい混み様。

絵画展へ行ってもだいたいポストカードを買うだけで帰ってくるけど、
今回はダリの世界に引き込まれブックを購入して帰った。

暑さよりも空に浮かぶ入道雲をみて夏の到来を感じた



(ASAHI PENTAX MX:Carl Zeiss Jena Tessar 2.8/50)

「写真」とは、「ほら」、「ね」、「これですよ」を交互に繰返す、一種の歌に他ならない。

ロラン・バルト『明るい部屋』より


(HASSELBLAD 500C:Carl Zeiss 80/2.8)

半月ほどネットをしなくても、平気なことに気付く。

<<new | 1 / 4pages | old>>
 
PROFILE
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.